hana68

2016.8.1

ひまわりのパワーに魅せられて


★夏の花といえば『ひまわり』

暑い夏、大きな花を凛とした姿で咲かせる『ひまわり』を見ると、
たくましさと美しさを感じ圧倒されてしまいます。

しっかりと大地に根を張り、
水分と栄養を吸収しながらスクスク育つ力強い『ひまわり』

ビタミンカラーのその花を見ているだけでも、
元気をチャージさせてもらえる気がしますね。

HANA美人さま2

 

★『ひまわり』のこと・・・知りたい

ひまわりの花言葉は、‘まっすぐあなたを見ています‘

ちいさなお子さんからお年寄りの方まで、
みんなが好きな理由に納得します。

ひまわりをみていると、
ひまわりにもまっすぐ見てくれているような・・・
そんな感覚をおぼえますね。

HANA美人さま1

 

太陽の光をいっぱいに浴びようとするその姿は、
力強くて美しい・・・

ひまわりは、太陽を追いかけて咲くから
‘日回り‘から‘ひまわり‘と呼ばれるようになったという説も。
でも実際は、日を求めて顔の向きを変えるのは、蕾の時まで。
大きな花が咲いた後は、植物の感じる青色光が強い
朝日の方角である東を見て咲いているとか。

 

自分の身に、最大限のパワーを集めようと。
咲き終わると頭を下げて、種に栄養を蓄えます。

その後は自然と枯れていくのですが、
種が腐らないように乾燥させていると思われます。

 

植物は自身の種を残すために、
全力でさまざまな工夫をしているのですね。

頭を下げ枯れゆくその姿は、儚く寂し気・・・
夏の終わりの私たちの心情と合い重なるものがあります。

 

HANA美人さま3

HANA美人さま4

HANA美人さま5

 

★『ひまわり』の種

ひまわりの種は食用としても重宝されています。

リスやハムスターが好んで食べることは知られていますが、
実は、私たち人間も、身近な食品として口にしています。

ひまわりの種は栄養たっぷりで、
そのままの姿で食べる時は、炒った状態で食べることが多いようです。
ダイエットやアンチエイジングとして食べられるほか、
栄養を補う為の補助食品としてや成人病対策としても
効果があるようですよ。

また油を抽出し、ひまわり油(サンフラワーオイル)としても市販されています。

日本では主に、マーガリンやマヨネーズ、ドレッシングなどの
原料とされているそうです。

 

★いろいろな・・・『ひまわり』

ひまわりといえば、
好き・・・きらい・・・って出来る花弁と、
ビタミンカラーのイエロー&オレンジが定番でした。

昨今では品種改良が進み、いろいろなタイプのひまわりが出てきました。
八重咲きタイプやココア色、ティーカラーなどの茶系も。

 

<八重咲きタイプ>

HANA美人さま7

 

<茶系タイプ>

HANA美人さま6

 

この夏も、たくさんのひまわりと会いたいですね。
花屋さんで好みのタイプのひまわりを探したり。
旅先で、大きく育った直植えのひまわりに出会ったり。
(そんな時は、横に腰かけて。)

 

ひまわりの持つ力強いエネルギーを

素直に受け取りましょう!!


hana68

 vie fleur NO:068

はじめまして。 東京で、ひっそりと花屋を営んでいます。 お店では井戸水を使用。 「花のある理想の暮らし」を探しています。

好きな花 :クレマチス