hana68

2016.8.15

夏野菜の花


夏本番!!
暑い日が続いていますね。

こうも暑い日が続くと、食欲がなくなり体調を崩しやすくなります。
「さっぱりしたものが食べたい!!」
「旬の食材を取り入れて、体の中からすっきりしたい!!」
そんな時は、夏野菜☆
キュウリ、ナス、ピーマン、トマト、ズッキーニ・・・
最近では、1年中八百屋さんやスーパーで見かける野菜の代表。
いろいろなお料理で使われる人気の食材ですが、
本来は、暑い夏に実をつけ収穫される夏野菜なのですね。

さて、そんな夏野菜。
実は、ほとんどがウリ科とナス科の植物って知ってました?
キュウリ、ズッキーニ、ゴーヤ、カボチャはウリ科の植物です。
野菜じゃないけど、スイカやメロンもウリ科の果物。
ナス、トマト、ピーマン、シシトウ、トウガラシはナス科の植物です。
ウリ科とナス科の実は、夏の太陽の光をいっぱいに浴びて、栄養たっぷり。
また、水分を多く含むので、体を冷やす作用もあり、
夏バテ予防にはぴったりなんですって。

今が旬の夏野菜☆
最近では、花をつけたままのズッキーニを、そのままの姿で頂く。
なんていうお料理も紹介されていますね。
実としての野菜はご存知の通りですが、花がどんな色でどんな風に咲いているのか・・・
意外と知られていないかも。
夏野菜の苗木を見て、花や茎、葉だけで名前を言い当てるのは、ちょっと難しいかもしれません。
でも、野菜の花を知っていることで、
その野菜の味や栄養分までを広くイメージすることが出来たら、
もっと野菜に親しみを感じ、楽しく食することが出来ると思います。
夏野菜の花、一緒に見てみましょう。

<キュウリの花>
「うりふたつ」という言葉がありますが、ウリ科の植物の花は、
その名の通り、そっくりなことでも知られています。

キュウリの花は、黄色。
5枚の花びらから形成され、華やかですね。
真の部分は黄色~黄緑~緑色。
ビタミンカラーの色合いが、夏野菜のイメージにぴったりです。
葉や茎は、きれいな黄緑色~緑。
他にも、ズッキーニ、メロン・カボチャ・ゴーヤなどの夏野菜の花が、
キュウリの花とよく似ています。

ウリ科の植物はつる性です。
支柱にからまりながら、どんどん成長します。
花美人さま②-8

黄色で鮮やかなキュウリの花。
花美人さま②-1

花の咲き終わった後。花柄をつけたまま実が大きくなります。
花美人さま②-2

立派に成長し収穫したキュウリの実。
花美人さま②-3

<ナスの花>
ナスの花は、薄い紫色です。
また、茎や葉の色も実の色と合わせたかのような紫色をしています。
植物の神秘を感じますね。

きれいな紫色のナスの花。
花美人さま②-4

花が咲き終わると、小さな紫色の実が。
花美人さま②-9

だんだん成長して、つややかなナスの実になります。
花美人さま②-5

<トウガラシ・ピーマンの花>
トウガラシやピーマンの花は白色です。
白色の小さなはなは、清楚で可憐な雰囲気。

茎や葉は緑色で、トウガラシなどの細長い果実のものは、葉も少し細長い形をしています。
花美人さま②-10

トウガラシの花は、小さくて可愛い白色。
花美人さま②-6

実は、細長く成長します。
花美人さま②-7

暑い中でもしっかり芽を伸ばし、可愛らしい花を咲かせて、立派な実を実らせる力強さを考えると、
夏バテも、吹っ飛びそうですね。
夏と言えば思い出すもの。
たくましく咲く夏野菜の花。
そんな風にイメージ出来るような花美人を目指したいと思います☆

夏野菜の力を借りて、元気に夏を乗り切りましょう!!


hana68

 vie fleur NO:068

はじめまして。 東京で、ひっそりと花屋を営んでいます。 お店では井戸水を使用。 「花のある理想の暮らし」を探しています。

好きな花 :クレマチス