hana72

2016.12.6

先人からの教えを、自然との共生により伝えていく「奇跡の星の植物館」


地球には人間より前に自然が誕生し、古来の先人たちは四元素と言われている「火・空気(もしくは風)・水・土」だけで、日々の生活を営んでいました。
しかしコンピューターが中心になってきている現代社会では、より便利なモノを開発し、求めようになり、止まることのない世界になりつつあります。
そこで今回は失われつつある自然を、人々の手でよみがえらせる活動を行っている「兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」をご紹介します。

 

自然と対話できる空間作りを・・・先人たちが支えてきた地球という存在を残していくためにも・・・

 

◇兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」

 

src_27084480000600793-1_m

「奇跡の星の植物館」は、自然と一緒に共生できる社会になるよう、建築家で有名な安藤忠雄氏の設計により、感動空間創造実験型植物館として兵庫県に誕生しました。

日本の植物園では圧倒的な広さを持ち、季節に合った花々を五感で感じることができたりと、空間ごとにテーマに沿った草花が展示されています。

〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4番地
TEL:0799-74-1200 / FAX:0799-74-1201
URL:http://www.kisekinohoshi.jp/

神秘の力を発揮してくれる自然は、人間の五感に強くうったえる不思議なパワーを備えており、こちらの施設では日々感じることができない自然の美を、肌を通して体感できるような空間づくりが行われているそうです。

 

 ◇五感軸と共生軸を合わせ持った植物園

 

「花や緑を五感で体感」

 

プランツギャラリー

hoshi_004xmas_008

多肉植物などを用いて「美しい生命の形」が表現された空間です。

レオナルド・ダヴィンチの言葉から・・・「自然の中に理法なき結果は何ひとつ存在しない。理法を理解せよ」・・・と。

進化には必ずそれまでの道筋があり、理由なき道を進んで進化を成すというコトは決してありませんよね。

トロピカルガーデン

orig_2014062906011616e2a884bd36fa2f988875967db9bbc8b-1

都市のサマーガーデンをイメージして作られた「トロピカルガーデン」には、夏を彩る色鮮やかな植物が展示されています。

カラーリーフプランツやトロピカルフラワー、ユニークな原種のランなどを見ることができ、日常では見られない珍しい花々が楽しめます。

癒しの庭

o0570041712512326624o0480036012512326976

人間の感覚器官には、まだまだ未知の分野があるようですが、五感といわれている存在は、各それぞれが合わさったモノが人間の知覚として成り立っています。

時には、安らぎある空間で一歩ずつ足を進めながら、時折少し立ち止まったりして・・・植物や水、光の力を心静かに感じてみるのもいいかも。

もしかしたら・・・普段は聞こえてこない、自然の音を聞くことができるかもしれません。

フラワーショースペース

216b820545c7d7f184d9eb33e57ae5d9541

「フラワーショースペース」では、花と人の交流スペースとして、さまざまなフラワーショーが開かれています。

世界の花文化を伝えたり、クリスマスショーやコンサート、結婚式なども行われているそうです。

花や緑と共生できる空間

df642572b71293063c2ccb9787c2220c

他にも、建築を生かした空間つくりや、地下空間や商業空間などを賢く活用した植物展示もあり、見慣れない展示スタイルを見ることができますよ。

 

「自然との共生を叶えてくれるガーデンルネサンス」

 

日本の伝統工芸

b6dbdfcabe6dfec452f04290d0d8d414awaji1-jpg4_1

先人たちの思想と共に、日本の伝統を受け継いでいく活動にも力を入れており、伝統産業や工芸品などを取り入れながら、日々特別展示も開催されています。

「奇跡の星植物館」では展示だけではなく、実際に体験できるよう教室やイベントも行われているので、スケジュールに合わせて参加してみるのもいいですね。

 

緑化手法を取り入れたアート作品

img_2010_yumebutai_001ten40609

地域の宝の産物と、さまざまな分野のクリエイターたちのコラボによって、日本の伝統文化に進化を持たせたジャパンブランドとして、海外に進出するための実験や研究にも取り組まれています。

 

◇先人の教えと共に、今があるということを・・・。

地球という存在は、先人の英知と共に現代社会まで、なんとか生き続いてきました。

しかし人々が日々進化をしながら、一方では美しい自然が失われている現状・・・それらを守っていくためにも「奇跡の星の植物園」という存在は、とても大切な場所のような気がします。

自然と対話しながら、植物たちと向き合っていくって、カンタンなコトではありませんが、地球上の一人ひとりが、自然の営みを理解するだけでも、きっと・・・大きな変化が生まれます。

古きよき時代の良さを残しつつ、自然の再生と共生を実現しながら、次の世代へと進んでいけるような取り組みが・・・今一度求められているかもしれませんね。

 

 

 


hana72

Amhran Gra NO:072

植物が育たない所に、生命が宿るコトはありません。人間とは自然に生かされ、自然の神秘的な美しさに勝るモノもなく、地球上全てのモノが、最後には自然に還っていきます。花々というのは地球上で、一番美しい存在かもしれません。

好きな花 :笹百合・山芍薬