hana72

2017.3.3

「東南植物楽園」の貴重な植物から、生命なる力を。


植物や生命の神秘なる力を、体感したことはありますか?

植物という存在は、しっかりと太陽からエネルギーを受けて、日々私たちの生活をサポートしてくれています。

そこで今回は、約1300種類の植物を見ることができる「東南植物楽園」をご紹介します。

日本でも亜熱帯地域の沖縄県だからこそ生息できて、普段は見ることができない植物の数々を堪能したい方には、オススメのスポットです。

 

◇東南植物楽園とは?

 

C3dtitTUkAEAezKP1380459

住所:沖縄県沖縄市知花2146

電話番号:098-939-2555

営業時間:日曜日~木曜日 9時~18時(最終入園17時) / 金・土・祝日の前日:9時 ~22時(最終入園21時)

URL:http://www.southeast-botanical.jp/

日本の沖縄県に位置する「東南植物楽園」は、非日常的な不思議な雰囲気の楽園に、足を踏み入れたような感覚で楽しむことができます。

樹齢を重ねた立派な木々や水上の花々、ハーブ園やキュートな動物たちにも触れ合えたりと、家族や恋人、友達と遊びに行くには最適な空間です。

他にも、さまざまな体験コーナーに参加したり、イベントに合わせてスケジュールを組んでみるのもいいですね。

 

◇生命の営みを支えてくれている植物を、身近に感じて。

 

水上楽園

 

100042_020160824192706_FATi4

まさに楽園が、現実として描かれたような空間では、星の王子様でも有名な「バオバブ」や、優しい彩りあるたくさんの蓮の花を鑑賞することができます。

世界一長寿の木とも言われている「竜血樹」は、自然独自の樹形を保ち、木々を通して空を見上げると、太陽からのエネルギーを植物と一緒に体感できるかもしれませんね。

他にも、気軽に散歩しながら一年中咲いているハイビスカスを見たり、異国情緒ある雰囲気が味わえるロックガーデンエリアを歩きながら、ゆっくりと酸素を取り入れたりと

日々の疲れを癒したい方にもオススメです。

 

植物園

 

56cd3af9ef851255_h32033af9d76

日本では、東南植物楽園でしか見られないという「ユスラヤシ」の並木通りは、スピリチュアルスポットとしても人気があるようです。

こちらの植物園には、約80種類ほどのハーブの香りを楽しむことができ、季節によっては亜熱帯ならではの、シークワアーサーやパイナップル、バナナのような果実も展示されています。

そして、植物を満喫した後は、個性的な動物たちへと。

主に南米に生息しているカピバラやコモンリスザルなど、貴重な動物たちに触れ合いながら、ヤギ島ではエサやり体験ができたりと、植物や動物を身近に感じることができるのも「東南植物楽園」の魅力の一つですね。

 

◇植物と生命との関連性

 

沖縄県には太古の世界へタイムスリップしたかのような、観光名所が沢山ありますよね。

現代社会は日々進化を続けて生活水準が上がり、便利な世の中になってきていますが、それらが良かったかどうかは・・・きっと、誰にも分かりません。

何かを得て何かを失って、最終心のよりどころは自然へと行き着き、植物や木々、動物たちに癒してもらったりと。。。

それなのに人間のエゴによって、沢山の自然が失われていき、野生の動物たちが生活する場所がどんどん失われている現状。

 

生命という究極の謎が解けるのは、もしかしたら・・・人々が「自分」という存在を知ることができた時に、初めて理解できるのかもしれませんね。

 

 


hana72

Amhran Gra NO:072

植物が育たない所に、生命が宿るコトはありません。人間とは自然に生かされ、自然の神秘的な美しさに勝るモノもなく、地球上全てのモノが、最後には自然に還っていきます。花々というのは地球上で、一番美しい存在かもしれません。

好きな花 :笹百合・山芍薬